寄ってらっしゃい 観てらっしゃい

『水槽の懺悔』集中稽古に入りました。

まずは、水曜日に劇場にて照明と音響を入れてのリハーサル。

初めてステージの上にひとりで立ちました。
正直に言えば怖かったです。
こんなにひとりぼっちになるとは思いませんでした。

Dc4e9ce388e34c649740126999fc85d6

どちらかといえば、ひとりで居るのは好きです。

ひとりっ子ですし。


でも、助けて欲しいときに誰も居ない、
あの取り残されたような感覚は初めてでした。

この孤独と恐怖から、無事に生還することができるのか。

とにかく、稽古有るのみ、とはこのことでしょうか。

もう、ままよ。
寄ってらっしゃい、観てらっしゃい、です。
喜んでさらし者になりに行きましょう。

長旅稽古も始まりました。

3d65859414b840a2913bc16820ad71e62504ac955d094c96a7114718caa8a9c4E76da9bb596e4e7781df6b65105597c1

ひとまずは、劇場でのゲネにむけて、
気を引き締めていこうと思います。

皆さんと劇場でお会いできる日まで、
そして無事生き延びて戻って来られる日まで…。

 

>>チケット予約フォーム
※こちらからご予約いただくと横尾扱いのチケットになります。どうぞよろしくお願いいたします。

--------------------------

633fb58e1d994e10acd644ffff0f9023

横尾宏美×永村閏
『水槽の懺悔』

この四角い箱の中で
私が殺した生き物の話。


きのう、おまつりで金ぎょすくいをやりました。
とれなかったけど、おまけで金ぎょを二ひきもらいました。
お父さんに水そうをかってもらったので、わたしは「ありがとう」って、いいました。
まい日えさをあげるのをがんばりたいです。
「金ぎょは十年くらい生きるんだよ」って、お母さんがいいました。
ずっとげん気でいてほしいです。
し体はきもちわるいので、げん気がいいとおもいます。

 

【タイムテーブル】
①1/18(土)19:00
②1/24(金)14:30
③2/1(土)14:30

at APOCシアター  小田急線「千歳船橋駅」より徒歩3分

【チケット】
1回公演チケット @1500 (1演目のみ観られます)
5回公演チケット @5000 (期間中使える回数券) ※ご本人様のみ有効
フリーチケット  @8500 (期間中どの公演を何回でも観られる券) ※ご本人様のみ有効
フリーチケットご提示で期間中アポックカフェでのお食事セット¥200引き

>>チケット予約フォーム
※こちらからご予約いただくと横尾扱いのチケットになります。どうぞよろしくお願いいたします。

アポフェス詳細につきましては、アポックシアターのサイト apoc-theater.com をご覧ください。

| | コメント (0)

ついでに寄ってよ、カモナマイハウス

ついに、『水槽の懺悔』の年明け初稽古!

永村さんからの宿題を渡しつつ、永村さんの宿題をもらいつつ、
まだまだ新しくなるお芝居です。

だって、あの人、台詞や演出を毎回いじってくるんですよ!
毎回、変え続けて行くんですよ!

Img_0810

なのに、なぜか、一番初めに、一人でこっそり読んだ時の印象に近づいているような気がするんですよね。
んー、上手く伝えられないな。
合ってるか分からないけど、純化している、という感じかしら。

要するに、どんどん面白くなっているということです!

Img_0808

しかし…ここへ来て、「ひとり芝居」のもう一つの怖さをじわじわ感じています。

格好つけずに正直に言います。
ガラガラだったらどうしよう、客席!
これは、怖いですよね。

アポフェス自体が盛り上がって、
回数券やフリーパスで観てくださる方も増えますように!

永村閏『水槽の懺悔』も面白いですよ!
ぜひぜひついでに寄って行ってください!

「私」の水槽で飼ってきた生き物たちの思い出を、
時にミステリアスに、時にファンタジックに語ります。

大人になった私が、最期に辿り着いた心境とは…。

踊りませんし歌いません。朗読でもないストレートプレイです。

どうぞ!よろしくお願いします!!

Img_0816Img_0693

--------------------------

横尾宏美×永村閏
『水槽の懺悔』

この四角い箱の中で
私が殺した生き物の話。


きのう、おまつりで金ぎょすくいをやりました。
とれなかったけど、おまけで金ぎょを二ひきもらいました。
お父さんに水そうをかってもらったので、わたしは「ありがとう」って、いいました。
まい日えさをあげるのをがんばりたいです。
「金ぎょは十年くらい生きるんだよ」って、お母さんがいいました。
ずっとげん気でいてほしいです。
し体はきもちわるいので、げん気がいいとおもいます。

 

【タイムテーブル】
①1/18(土)19:00
②1/24(金)14:30
③2/1(土)14:30

at APOCシアター  小田急線「千歳船橋駅」より徒歩3分

【チケット】
1回公演チケット @1500 (1演目のみ観られます)
5回公演チケット @5000 (期間中使える回数券) ※ご本人様のみ有効
フリーチケット  @8500 (期間中どの公演を何回でも観られる券) ※ご本人様のみ有効
フリーチケットご提示で期間中アポックカフェでのお食事セット¥200引き

>>チケット予約フォーム
※こちらからご予約いただくと横尾扱いのチケットになります。どうぞよろしくお願いいたします。

アポフェス詳細につきましては、アポックシアターのサイト apoc-theater.com をご覧ください。

| | コメント (0)

ついでに寄ってよ、カモナマイハウス

ついに、『水槽の懺悔』の年明け初稽古!

永村さんからの宿題を渡しつつ、永村さんの宿題をもらいつつ、
まだまだ新しくなるお芝居です。

だって、あの人、台詞や演出を毎回いじってくるんですよ!
毎回、変え続けて行くんですよ!

Img_0810

なのに、なぜか、一番初めに、一人でこっそり読んだ時の印象に近づいているような気がするんですよね。
んー、上手く伝えられないな。
合ってるか分からないけど、純化している、という感じかしら。

要するに、どんどん面白くなっているということです!

Img_0808

しかし…ここへ来て、「ひとり芝居」のもう一つの怖さをじわじわ感じています。

格好つけずに正直に言います。
ガラガラだったらどうしよう、客席!
これは、怖いですよね。

アポフェス自体が盛り上がって、
回数券やフリーパスで観てくださる方も増えますように!

永村閏『水槽の懺悔』も面白いですよ!
ぜひぜひついでに寄って行ってください!

「私」の水槽で飼ってきた生き物たちの思い出を、
時にミステリアスに、時にファンタジックに語ります。

大人になった私が、最期に辿り着いた心境とは…。

踊りませんし歌いません。朗読でもないストレートプレイです。

どうぞ!よろしくお願いします!!

Img_0816Img_0693

--------------------------

横尾宏美×永村閏
『水槽の懺悔』

この四角い箱の中で
私が殺した生き物の話。


きのう、おまつりで金ぎょすくいをやりました。
とれなかったけど、おまけで金ぎょを二ひきもらいました。
お父さんに水そうをかってもらったので、わたしは「ありがとう」って、いいました。
まい日えさをあげるのをがんばりたいです。
「金ぎょは十年くらい生きるんだよ」って、お母さんがいいました。
ずっとげん気でいてほしいです。
し体はきもちわるいので、げん気がいいとおもいます。

 

【タイムテーブル】
①1/18(土)19:00
②1/24(金)14:30
③2/1(土)14:30

at APOCシアター  小田急線「千歳船橋駅」より徒歩3分

【チケット】
1回公演チケット @1500 (1演目のみ観られます)
5回公演チケット @5000 (期間中使える回数券) ※ご本人様のみ有効
フリーチケット  @8500 (期間中どの公演を何回でも観られる券) ※ご本人様のみ有効
フリーチケットご提示で期間中アポックカフェでのお食事セット¥200引き

>>チケット予約フォーム
※こちらからご予約いただくと横尾扱いのチケットになります。どうぞよろしくお願いいたします。

アポフェス詳細につきましては、アポックシアターのサイト apoc-theater.com をご覧ください。

| | コメント (0)

2020年。始まりが終わりにならないように

明けましておめでとうございます。

2020年始まりましたね。

Img_0706

今年はどんな年になるのか…。
私にとって、それを占うはじめの一歩は、このひとり芝居だと思います。

私にとって、演劇って何だろう。
どうして観るだけでは飽き足らずに、舞台の上を目指してしまうんだろう。

こんな大変なのに…。

初めてのひとり芝居、3ステージを終えた後、
自分がどんなことを思うのかに、とても興味があります。

Img_0612

年末から、『水槽の懺悔』の稽古を再開しました。

同じ「演劇」だとしても、全く別の思考回路を使っているような気分。
お客さんへの意識からして、全く違うし。

ついつい、お客さんと仲良くなろうとして、愛想を振りまいてしまいがちな気の小さい私に、
永村さんから至極クールな教育的指導(演出ともいう)が飛んできます。

Img_0625

怖がらずに、しっかりひたすらに、この戯曲の世界を届けること。

今の仕事はシンプルにそこですね。

通して物語を見る段階に入って、まだまだ表現できることがあるなと。
できないことの多さではなく、
やりたいことがまだまだあるのは良いことだと。そんな気分で昨年の稽古を終えました。

0e9431e80cf1407680bfdfb5b47587dd

おみくじに書いてあったのは【方針】「馬鹿になれ」。
今は、この言葉を大事に、稽古を続けたいと思います。

今年も皆さんとお会いできますように。
本年もよろしくお願いいたします。

--------------------------

横尾宏美×永村閏
『水槽の懺悔』

この四角い箱の中で
私が殺した生き物の話。


きのう、おまつりで金ぎょすくいをやりました。
とれなかったけど、おまけで金ぎょを二ひきもらいました。
お父さんに水そうをかってもらったので、わたしは「ありがとう」って、いいました。
まい日えさをあげるのをがんばりたいです。
「金ぎょは十年くらい生きるんだよ」って、お母さんがいいました。
ずっとげん気でいてほしいです。
し体はきもちわるいので、げん気がいいとおもいます。

 

【タイムテーブル】
①1/18(土)19:00
②1/24(金)14:30
③2/1(土)14:30

at APOCシアター  小田急線「千歳船橋駅」より徒歩3分

【チケット】
1回公演チケット @1500 (1演目のみ観られます)
5回公演チケット @5000 (期間中使える回数券) ※ご本人様のみ有効
フリーチケット  @8500 (期間中どの公演を何回でも観られる券) ※ご本人様のみ有効
フリーチケットご提示で期間中アポックカフェでのお食事セット¥200引き

>>チケット予約フォーム
※こちらからご予約いただくと横尾扱いのチケットになります。どうぞよろしくお願いいたします。

アポフェス詳細につきましては、アポックシアターのサイト apoc-theater.com をご覧ください。

| | コメント (0)

月夜の石ころのように

Oi-SCALE『THE LAST DAY & THE NEXT DAY』無事に全公演終了いたしました。

たくさんのご来場ありがとうございました。

お力を貸してくださった皆さま、気に掛けてくださった皆さま、
素敵な共演者 スタッフの皆さまに恵まれ、
大きな力のある公演を生み出せたのではないかと思います。

_191225_0009

Oi-SCALEの公演に参加させていただくのは、これで何度目でしょうか?
キャスト総勢20名。
どの方も本当に魅力的で、それぞれがそれぞれの個性を発揮していて、
たくさん勉強になりました。

自分というものを、作品のなかに活かしていく方法を、そのヒントを、
たくさんの個性を目の当たりにしながら考えていました。

_191225_0053_191225_0050

由比という役は、やはりこのメンバーのなかでは、
他の誰でもなく私がやるべき役だと思えたので、
とてもありがたい出会いだったと思います。

彼女が背負っている、あるいは背負わされている
生活や不甲斐なさや寂しさややるせなさを、
同じ生身の人間として、纏えていれば幸いです。

ノーカット版の脚本にはあった、駒門との不思議なシーン、
稽古していて大好きでした。雲平さん大好きです。

いつも一緒にいてくれた清水くん、
演じる久保くんの根底にある善良さが出ていて、
私も由比もずっと助けられていました。ありがとう。

裾野先生の祈りの言葉、いつも隣で聴いていました。
夜の照明の中で聴く古山さんの声の響きは格別です。

_191225_0060

今回の脚本は「笑い」が多く、
その分、ひっくり返った時の刺さり方も違うのではないかと。
いつものOi-SCALEともまた違う、そして変わらない、
皆さんの心に残る作品になっていれば良いと思います。

また、どうかどうか、いつか。
皆さんにお会いできますように。

| | コメント (0)

ポップな笑いと死と目覚め

Oi-SCALE『THE LAST DAY & THE NEXT DAY』開幕しております。

休憩時間込み2時間50分という大作ではありますが、
連日たくさんのお客様にお越しいただき、
時間は気にならなかったとのお声をいただきほっとしました。

まだご覧になっていない皆さまは驚くかもしれませんが、
この作品「笑える」んです。

客席からの笑い声が弾むようなポップさ…
なんですよ。

死と別れをテーマに置いていますが、
サスペンスですが、

笑ってるんです。

人ってどんな時に笑っていたくなるんですかね?

 

ゲストの皆さんもとても素晴らしくて、
全員で脚本世界を大切に支えてくださって、
本当に胸を張って「集大成」と呼べるものができあがっていると思います。

来年以降、Oi-SCALE本公演は「未定」だそうです。

どうか、お見逃しなく。23日までです。
そして、23日千秋楽は前売完売、当日券も若干枚しかお出しできない見込みです。

どうぞ、この週末に。夜18時の回でしたらまだご案内できます。

よろしくお願いいたします。

Edee8c48ac744fa7980db729d955c9e8

----------------



Oi-SCALE『THE LAST DAY & THE NEXT DAY』
~終わりの日。それと、翌日。~

2019/12/18(水)~2019/12/23(月)
at 下北沢駅前劇場

最期の別れに「サヨナラ」なんかで終わってたまるか!!

20191022_omote 20191022_ura 

>>チケット予約フォーム
※こちらからご予約いただくと横尾扱いのチケットになります。どうぞよろしくお願いいたします。



CAST
石井智也
澤井裕太 井野おりこ 横尾宏美 浅野貴士 吉田山羊 片倉裕介
足立雲平 中村拓未 本田秀和 廣川千紘 幡美優 藤岡皇佑(ボクナリ)  久保軒松
川崎桜 古山憲太郎(モダンスイマーズ) 三浦知之(InnocentSphere) 堤千穂
林灰二
村田充(友情出演)

>>Oi-SCALE 公式サイト
>>CoRich『THE LAST DAY & THE NEXT DAY』公演情報

《 その病室で俺は何度も死んだ。これは夢の話じゃない。
確かに死んだ。それなのに、翌朝俺は何事もなく眠りから目覚めた。
目覚めるのは昨日まで俺が寝ていたベッドじゃなくて、同部屋の他の奴のベッドだった。
そして“死”から目覚めた俺は、欲しいと思っていたものをいつも手に入れていた。》

人は2度死ぬと言う。1度目は肉体の死、そして2度目は残された者達から忘れられてしまう記憶の死。もしも3度目の死があるとすれば?

《 何度死んでも、朝は俺を追いかけてくる。》

人はどれだけ満ち足りたなら、満足な最期の瞬間を迎えられるのか。
最期に言うべき言葉とは、どんな言葉だったんだろう。
愛する者の為に、死ぬ前の最後の言葉は笑って言いたい。

〜最後の言葉を笑って言う為に、今、貴方の心に足りないものは⁉〜。

2019年12月18日(水)~23日(月)
駅前劇場

【チケット】(全席自由・入場整理券番号付)
11月10日(日)10:00〜 前売チケット発売開始
前売4300円/当日4500円

【タイムテーブル】
18日(水)19:00〜
19日(木)19:00〜
20日(金)14:00〜★・19:00〜
21日(土)13:00〜・18:00〜
22日(日)13:00〜・18:00〜
23日(月)14:00〜★
開演の開場は30分前、受付は45分より。
★の回はアフターイベントあり。

>>チケット予約フォーム

※こちらからご予約いただくと横尾扱いのチケットになります。どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

人の

Oi-SCALE『THE LAST DAY & THE NEXT DAY』
初日にむけてスタジオ稽古が続いています。

初めての通し稽古から数日、
日に日にシーンが埋まって詰まって勢いがついて
面白くなってきています。

いや 本当に面白いと思います。

20名のキャスト きちんと この人だからここ、という配置に納得だと思います。

たったひとことの台詞でも
その人のバックボーンを感じるからこそ
この感じが味わえるなっていう。

それぞれの人の見どころなぞを、つらつらと書き連ねたい気持ちになります。

笑えるし、しっかり仕掛けが効いてるし、やっぱりどこかが悲劇。
Oi-SCALE集大成。
それはつまり、一つの終わりなのか、一つの始まりなのか。
何れにしても、これは目撃しておいて損はないと思います。

人生の終わりに言っておかなきゃいけない言葉があるとするなら、
それはきっと、、、

----------------

Oi-SCALE『THE LAST DAY & THE NEXT DAY』
~終わりの日。それと、翌日。~

2019/12/18(水)~2019/12/23(月)
at 下北沢駅前劇場

最期の別れに「サヨナラ」なんかで終わってたまるか!!

20191022_omote 20191022_ura 

>>チケット予約フォーム
※こちらからご予約いただくと横尾扱いのチケットになります。どうぞよろしくお願いいたします。



CAST
石井智也
澤井裕太 井野おりこ 横尾宏美 浅野貴士 吉田山羊 片倉裕介
足立雲平 中村拓未 本田秀和 廣川千紘 幡美優 藤岡皇佑(ボクナリ)  久保軒松
川崎桜 古山憲太郎(モダンスイマーズ) 三浦知之(InnocentSphere) 堤千穂
林灰二
村田充(友情出演)

>>Oi-SCALE 公式サイト
>>CoRich『THE LAST DAY & THE NEXT DAY』公演情報

《 その病室で俺は何度も死んだ。これは夢の話じゃない。
確かに死んだ。それなのに、翌朝俺は何事もなく眠りから目覚めた。
目覚めるのは昨日まで俺が寝ていたベッドじゃなくて、同部屋の他の奴のベッドだった。
そして“死”から目覚めた俺は、欲しいと思っていたものをいつも手に入れていた。》

人は2度死ぬと言う。1度目は肉体の死、そして2度目は残された者達から忘れられてしまう記憶の死。もしも3度目の死があるとすれば?

《 何度死んでも、朝は俺を追いかけてくる。》

人はどれだけ満ち足りたなら、満足な最期の瞬間を迎えられるのか。
最期に言うべき言葉とは、どんな言葉だったんだろう。
愛する者の為に、死ぬ前の最後の言葉は笑って言いたい。

〜最後の言葉を笑って言う為に、今、貴方の心に足りないものは⁉〜。

2019年12月18日(水)~23日(月)
駅前劇場

【チケット】(全席自由・入場整理券番号付)
11月10日(日)10:00〜 前売チケット発売開始
前売4300円/当日4500円

【タイムテーブル】
18日(水)19:00〜
19日(木)19:00〜
20日(金)14:00〜★・19:00〜
21日(土)13:00〜・18:00〜
22日(日)13:00〜・18:00〜
23日(月)14:00〜★
開演の開場は30分前、受付は45分より。
★の回はアフターイベントあり。

>>チケット予約フォーム
※こちらからご予約いただくと横尾扱いのチケットになります。どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

病棟の夜の思い出

本日もOi-SCALE稽古。

今日は「夜」のシーンを中心に。

今回の物語は入院病棟の一室が舞台なのですが、
皆さん、入院したことってありますか?

私は人生で3回あります。多い?少ない?
ま、そのうち2回は一泊入院なんですけど。

個室の時はただの「宿泊」という感じだったのですが、
大部屋の時はきつかったです。

寝る前に洗面所で顔洗ってた時、隣にいたパジャマ姿の女性がおもむろに脱いだニット帽。
鏡越しに見た、つるりとした頭と虚ろな瞳。
どこかをぎゅっと掴まれたような気分になりました。

夜中になると、どうにも物音が響いて、
ワゴンの軋む音とか、小さな足音とか、誰かの痛がる呻き声とか…
想像ばかりが膨らんで、富士急並みに怖かったです。

今回の作品の「夜」は、怖さよりも不条理とも言える”笑い”に満ちています。
何故彼らは笑うのか。笑いの中に見えるもの。笑いの次に訪れるもの。
何層にも重なった彼らの思念を、より深みのあるものにできればと思います。

12月のお忙しい時期とは思いますが、是非見て欲しいです。
面白いんで。

よろしくお願いいたします。

----------------



Oi-SCALE『THE LAST DAY & THE NEXT DAY』
~終わりの日。それと、翌日。~

2019/12/18(水)~2019/12/23(月)
at 下北沢駅前劇場

最期の別れに「サヨナラ」なんかで終わってたまるか!!

20191022_omote 20191022_ura 

>>チケット予約フォーム
※こちらからご予約いただくと横尾扱いのチケットになります。どうぞよろしくお願いいたします。



CAST
石井智也
澤井裕太 井野おりこ 横尾宏美 浅野貴士 吉田山羊 片倉裕介
足立雲平 中村拓未 本田秀和 廣川千紘 幡美優 藤岡皇佑(ボクナリ)  久保軒松
川崎桜 古山憲太郎(モダンスイマーズ) 三浦知之(InnocentSphere) 堤千穂
林灰二
村田充(友情出演)

>>Oi-SCALE 公式サイト
>>CoRich『THE LAST DAY & THE NEXT DAY』公演情報

《 その病室で俺は何度も死んだ。これは夢の話じゃない。
確かに死んだ。それなのに、翌朝俺は何事もなく眠りから目覚めた。
目覚めるのは昨日まで俺が寝ていたベッドじゃなくて、同部屋の他の奴のベッドだった。
そして“死”から目覚めた俺は、欲しいと思っていたものをいつも手に入れていた。》

人は2度死ぬと言う。1度目は肉体の死、そして2度目は残された者達から忘れられてしまう記憶の死。もしも3度目の死があるとすれば?

《 何度死んでも、朝は俺を追いかけてくる。》

人はどれだけ満ち足りたなら、満足な最期の瞬間を迎えられるのか。
最期に言うべき言葉とは、どんな言葉だったんだろう。
愛する者の為に、死ぬ前の最後の言葉は笑って言いたい。

〜最後の言葉を笑って言う為に、今、貴方の心に足りないものは⁉〜。

2019年12月18日(水)~23日(月)
駅前劇場

【チケット】(全席自由・入場整理券番号付)
11月10日(日)10:00〜 前売チケット発売開始
前売4300円/当日4500円

【タイムテーブル】
18日(水)19:00〜
19日(木)19:00〜
20日(金)14:00〜★・19:00〜
21日(土)13:00〜・18:00〜
22日(日)13:00〜・18:00〜
23日(月)14:00〜★
開演の開場は30分前、受付は45分より。
★の回はアフターイベントあり。

>>チケット予約フォーム
※こちらからご予約いただくと横尾扱いのチケットになります。どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

ねじれとほころび

Oi-SCALE『THE LAST DAY & THE NEXT DAY』
いよいよ脚本が全章揃いました。

稽古としては、後半戦に突入したという感じです。

今回は、死と目覚めを繰り返すループものなんですけど、
ループする度に少しずつ世界がねじれて行くんですね。

その捻れを美しく構築するために、
あちこちに散りばめた仕掛けを丁寧に拾いつつ、
後半戦を作り込んで行きたいなと思います。

あと、笑いというもの。

初日を、楽しみにしていていただければ。

S__23961625

----------------



Oi-SCALE『THE LAST DAY & THE NEXT DAY』
~終わりの日。それと、翌日。~

2019/12/18(水)~2019/12/23(月)
at 下北沢駅前劇場

最期の別れに「サヨナラ」なんかで終わってたまるか!!

20191022_omote 20191022_ura 

>>チケット予約フォーム
※こちらからご予約いただくと横尾扱いのチケットになります。どうぞよろしくお願いいたします。



CAST
石井智也
澤井裕太 井野おりこ 横尾宏美 浅野貴士 吉田山羊 片倉裕介
足立雲平 中村拓未 本田秀和 廣川千紘 幡美優 藤岡皇佑(ボクナリ)  久保軒松
川崎桜 古山憲太郎(モダンスイマーズ) 三浦知之(InnocentSphere) 堤千穂
林灰二
村田充(友情出演)

>>Oi-SCALE 公式サイト
>>CoRich『THE LAST DAY & THE NEXT DAY』公演情報

《 その病室で俺は何度も死んだ。これは夢の話じゃない。
確かに死んだ。それなのに、翌朝俺は何事もなく眠りから目覚めた。
目覚めるのは昨日まで俺が寝ていたベッドじゃなくて、同部屋の他の奴のベッドだった。
そして“死”から目覚めた俺は、欲しいと思っていたものをいつも手に入れていた。》

人は2度死ぬと言う。1度目は肉体の死、そして2度目は残された者達から忘れられてしまう記憶の死。もしも3度目の死があるとすれば?

《 何度死んでも、朝は俺を追いかけてくる。》

人はどれだけ満ち足りたなら、満足な最期の瞬間を迎えられるのか。
最期に言うべき言葉とは、どんな言葉だったんだろう。
愛する者の為に、死ぬ前の最後の言葉は笑って言いたい。

〜最後の言葉を笑って言う為に、今、貴方の心に足りないものは⁉〜。

2019年12月18日(水)~23日(月)
駅前劇場

【チケット】(全席自由・入場整理券番号付)
11月10日(日)10:00〜 前売チケット発売開始
前売4300円/当日4500円

【タイムテーブル】
18日(水)19:00〜
19日(木)19:00〜
20日(金)14:00〜★・19:00〜
21日(土)13:00〜・18:00〜
22日(日)13:00〜・18:00〜
23日(月)14:00〜★
開演の開場は30分前、受付は45分より。
★の回はアフターイベントあり。

>>チケット予約フォーム
※こちらからご予約いただくと横尾扱いのチケットになります。どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

APOFES2020 フライヤー公開!と私

APOCシアターのサイトにてAPOFES2020のフライヤーが公開されています。
それに合わせて、各出演者のお写真、経歴、意気込みなども掲載されています。

ズラーっと。20組。
最後までスクロールしていけば、私の写真も発見できるかと思います。

永村さんに、「よ」だから一番下だよ、と言われ、急に学生時代を思い出しました。
私の後ろには大体「吉田」か「渡辺」くらいしかいないんですよね。
予防接種の時、散々みんなの「痛いよ〜」を聞いてから打たねばならないのが一番辛かったです。

そんなことを思い出すのも、『水槽の懺悔』が、「私」が6つの時に水槽を手に入れたことに端を発した物語だからでしょうか。
稽古のたびに、色々と子ども時代の話をします。

プロフィール写真は何だか不吉な色合いに仕上げてしまいましたが、
そんなに陰気な物語ではないと思いますよ。
ぜひ、怖がらないで見にいらして欲しいです。
「懺悔」っていう字面がアレなんですよ!

内緒ですけど、私、結構陽気な部分もあるんですよ。
そういう部分は出てると思うんです。

今日もコツコツ立ち稽古をしておりました。

のっぺりとしたシーンを少しでも潰すべく、
あれやこれやと色付けしております。

はー、永村さんこう来ますか、と。

やればやるほど面白くなっていくと思いますので、
しつこく稽古していきたいと思います。

Img_0107 Img_8581_20191125024001
写真はアポフェス提出用宣伝動画をアドリブで撮ろうとして、秒で心が折れた私です。

--------------------------

アポックひとり芝居フェスティバル

横尾宏美×永村閏
『水槽の懺悔』

この四角い箱の中で
私が殺した生き物の話。


きのう、おまつりで金ぎょすくいをやりました。
とれなかったけど、おまけで金ぎょを二ひきもらいました。
お父さんに水そうをかってもらったので、わたしは「ありがとう」って、いいました。
まい日えさをあげるのをがんばりたいです。
「金ぎょは十年くらい生きるんだよ」って、お母さんがいいました。
ずっとげん気でいてほしいです。
し体はきもちわるいので、げん気がいいとおもいます。

【タイムテーブル】
① 1/18(土)19:00
② 1/24(金)14:30
③ 2/1(土)14:30

at APOCシアター  小田急線「千歳船橋駅」より徒歩3分

【チケット】
1回公演チケット @1500 (1演目のみ観られます)
5回公演チケット @5000 (期間中使える回数券) ※ご本人様のみ有効
フリーチケット  @8500 (期間中どの公演を何回でも観られる券) ※ご本人様のみ有効
フリーチケットご提示で期間中アポックカフェでのお食事セット¥200引き

>>チケット予約フォーム
※こちらからご予約いただくと横尾扱いのチケットになります。どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧