« ひとり芝居 初日を終えて | トップページ | 2ステージ終えて »

永村閏について

来ますね…もうすぐ初日が。

ようやく、ここへきて、通しを繰り返して作品をブラッシュアップする段階に来れました。

年が明けてからも、何回も作り直してくるんですよ、永村さん。

『水槽の懺悔』は、幾つかの生き物とのエピソードが連なる連作短篇集のようなものなのですが、
それぞれのエピソードごとに、ぽいっと捨てて練り直してを繰り返してきました。

粒立ちと繋がりと、両方から、何度も練り直しました。

 

永村さんと二人きりで作業をするのは、『LOVE LETTER chu YOU』という作品以来です。
本当に10年くらい前です。

劇団とか何にもなくなって、それでも、私たちは私たちだけでも作品を作ろうぜ、という、
えらくインディペンデントなやる気がみなぎっていたように思います。

永村さんの脚本でいちばん好きなのは もちろんバッドエンドの匙加減。あぁ可哀想にの見本市。

童話なんかをモチーフにしたものも多いですね。やっぱり哀しい方の。

言葉が綺麗だし 言い回しにも凝ってるし、語尾や句読点に至るまで 一言一句損なえない系の作家です。

永村さんは 私が一緒に舞台を作ったことがある人のなかで 初めて この人天才!と思った人なので、ずっとこっそり追いかけていました。

それから10年。

私たちは未だにこんなところで細々お芝居つくってます。

続けること自体が 素晴らしいことなのだと信じて。

私たちの作ったものは素晴らしいと信じて、お客さまをお迎えする所存です。

私は 大好きな永村閏の作品を ひとりでも多くの人に気に入ってもらえれば幸せです。

ぜひぜひ 観にいらしてください。


 

Dc4e9ce388e34c649740126999fc85d6Img_0693

|

« ひとり芝居 初日を終えて | トップページ | 2ステージ終えて »

稽古場日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひとり芝居 初日を終えて | トップページ | 2ステージ終えて »