« 2018年5月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

秋の長雨

秋の長雨が始まったようで…。
すっかり涼しくなってきました。



何の秋?ひとまず読書の秋。



劇 えうれか『七本の色鉛筆』の稽古に取りかかっています。



舞台は1966年。戦後20年の東京です。



先日お稽古に矢代朝子さんがいらしてくださいました。
あの時代では… というお話を色々としてくださり、
私たちの時代に置き換えたような、さらっとした物語解釈に陥りそうなところに、
たくさんのヒントをいただけました。

戦中生まれと戦後生まれ、その価値観の違いなども物語に色濃く出ているようです。
どうにか時代の空気の切れ端を手繰り寄せながら、
豊かな物語にできるよう、今は読書の秋となっている次第です。



思いを馳せた分、それがお芝居に映えますように。



もうすぐ9月も終わり。
来月からはいよいよ立ち稽古。



楽しみです。








劇 えうれか『七本の色鉛筆』


2018/11/2(金)〜11/4(日)
at space EDGE



戦後20年のある夜。


母の初七日に集まった七人姉妹と、大学教授の父。


末は双子の巴絵と文代。


文代が突如、双子の出生秘話を話し始める。




語り口は鮮やかに、其々の生への眼差し、ひたむきな生活、そして、それを眺める月。




Omote Ura



>>チケット予約フォーム
※こちらからご予約いただくと横尾扱いのチケットになります。どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜毎の顔

『七本の色鉛筆』の稽古が始まりました。

初日は、キャスト・スタッフのご紹介からすぐに本読みでした。
どの方がどの役なのか楽しみにしていたので、
オールキャストによる本読みとは、なんと嬉しく素晴らしい顔合わせ。
 
七本の色鉛筆こと七人姉妹の皆さんはじめ、
それぞれの恋人たち、
そして、すべてのキャストを束ねる要となる「父」!
 
「父」の独白シーンはすでに鳥肌で…
うちやまさん、もうファンになりました…
 
これからが楽しみとなる稽古初日でした。
 
しばらくは、花村さんからの課題図書をめくりながら、
眠りにつきたいと思います。
夜毎、あの家族に会えますように。
 
Img_0781
 
劇 えうれか『七本の色鉛筆』

2018/11/2(金)〜11/4(日)
at space EDGE

戦後20年のある夜。
母の初七日に集まった七人姉妹と、大学教授の父。
末は双子の巴絵と文代。
文代が突如、双子の出生秘話を話し始める。
語り口は鮮やかに、其々の生への眼差し、ひたむきな生活、そして、それを眺める月。

Omote Ura

>>チケット予約フォーム
※こちらからご予約いただくと横尾扱いのチケットになります。どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【出演情報】劇 えうれか『七本の色鉛筆』

かつての時代の戯曲ではありますが、色褪せないとはこういうことかと。
7人の娘たちそれぞれの豊かな個性や感性が滲み出ており、
それぞれの人生の岐路が魅力的に描かれています。
どうぞお楽しみに。

劇 えうれか『七本の色鉛筆』

2018/11/2(金)〜11/4(日)
at space EDGE

戦後20年のある夜。
母の初七日に集まった七人姉妹と、大学教授の父。
末は双子の巴絵と文代。
文代が突如、双子の出生秘話を話し始める。

語り口は鮮やかに、其々の生への眼差し、ひたむきな生活、そして、それを眺める月。

Omote Ura

>>チケット予約フォーム
※こちらからご予約いただくと横尾扱いのチケットになります。どうぞよろしくお願いいたします。

続きを読む "【出演情報】劇 えうれか『七本の色鉛筆』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉛筆を削りながら

新しい物語と出会いました。

『七本の色鉛筆』という7人の姉妹のドラマです。
1972年 矢代静一により書かれたこの戯曲に
劇 えうれかの皆さんと取り組むことになりました。

舞台は1966年。
その頃のことはよくわかりませんし、
7人もの姉妹がいる家族もピンときません。

そんな私にも、この戯曲は心惹かれるものでした。
それぞれの女性の物の見方がはっきりと描かれ、
その人生観や境遇に想いを馳せる楽しみがありました。

この世界のなかで生きてみたい と
稽古開始が待ち遠しいです。

演出の劇 えうれか 花村さんとご一緒できるのも楽しみです。
演劇を通して お話ししてみたいことがたくさんあります。

あと数日、
私の役と 私との距離を埋めながら
わくわくと過ごしたいなと。


詳細は また 追ってお知らせいたします。
11/2-4 渋谷のspace EDGEにてお会い出来ますように。
どうぞお楽しみに。








劇 えうれか 公演情報

こりっち公演情報
「観たい!」にコメントいただけると大変嬉しいです。

チケットご予約※9/15より受付開始
こちらからご予約いただくと、横尾扱いとなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年10月 »