« 2015年9月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年10月

NO NAME

目が覚めて、静かで、晴れていて。
つまりすっかり穏やかな朝が来て、今日も一日が始まっていて。

Oi-SCALE『リクレイムド ランド』
どうやら全公演終了していたようです。
ありがとうございました。

ずっと、早く終わってほしいと思っていて、
やっと、ほんとに終わってくれてほっとした。

もちろん私は、演じている役とは別の人間で、ただの容れ物なんだけど、
そんな簡単に割り切れるような器用な人間じゃないから、
私という容れ物の何割かはいつも、
人生最悪のできごとで満たされていて。

これでもかっていうくらい、いやなできごとの細部にむかって、
記憶力や想像力を使いながら過ごしていたわけで。

そんなもん、鼻歌うたいながらできちゃうのも、それは違うだろって。

それでもやっぱり、私はこの作品が好きなんで、
もっとずっと続いていてもよかったんだけど。

投げつけたものが、想いが、いつかどこかで、
誰かの頭の上で、誰かの心の中で、
小さな光になればいい。なってほしい。

失くした名前を、見つけられますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さいごの手紙

寒くて部屋のなかでもストールを巻いている。
もう、秋が終わる。

『リクレイムド ランド』も のこすところあと1ステージ。
24時間も経たないうちに、終わる。

この物語を観てくれた人が、
「”面白かった”というのは表現として間違っているかも知れないけど」 と慎重に言葉を選んで感想をくれた。

でも、私はこれを「面白かった」と言われたい。
「おもしろい」という言葉は、決して、軽く笑ってニコニコ消費できるものだけを指すわけではない。
「興味をそそられて、心が引かれるさま。興味深い。」と、辞書を引けば出てくるわけで。

打ちひしがれるほどに 心を揺さぶらることも、
疲れ果てるほどに 何かを感じて考えることも、

面白い、ことだと思う。

この物語が、もっと多くの人に観られてほしいと、切に思う。
演劇が演劇として存在してきた理由が、見えてくるんじゃないかと思う。
Oi-SCALEには、Oi-SCALEでしか表現できないものが確かにあると自負している。

私たちの描く物語はファンタジーで、
人はこんなにも絶望していないかもしれないし、
人はこんなにも乾いていないかもしれないし、
人はそう簡単には道端で神様に出逢わない。

ラスト1ステージ。
観てほしいという欲だけで、生きてる。

1397275837211.jpg

----------------

Oi-SCALE 『リクレイムド ランド』
作・演出:林灰二

2015/10/21(水)~2015/10/26(月)
at 下北沢駅前劇場

14年後、死んだ筈のあいつは、まだ14歳だった。

Omote Ura

>>Oi-SCALE 公式サイト
>>CoRich『リクレイムド ランド』公演情報

きらびやかに発展を遂げる未来の姿に想いを巡らし「夢の島」と名付けられた埋立地で、
その無惨な事件は起きた。
14年の月日を超えて、
誰もが真実から目を反らし続け、しかし、誰もが忘れられなかった。
取り返しのつかない事を、限りなく取り返す為に・・・

【チケット】(日時指定・全席自由)
前売3700円/当日3800円

【タイムテーブル】
10月26日(月)14:30

※受付開始は開演45分前、開場は開演30分前。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薄闇

てきとうに嘘をつけないから、ずっと秘密にしていることがあって。
少しのことをごまかせないから、全てのことに口をつぐんでいて。

でも、きっとどこかでずっと、言ってしまいたいと思っていて。

思いきりのよくない私は思うのです。
この物語を観にきてください。

この物語をつくりながら、ずっと言えずにいたことを
ただ毎日考えています。
終わりがくることを、待っています。

私はこの物語に、暗闇ではなく 光をみています。
薄闇のように かすかな光でも。

1397837988419.jpg

----------------

Oi-SCALE 『リクレイムド ランド』
作・演出:林灰二

2015/10/21(水)~2015/10/26(月)
at 下北沢駅前劇場

14年後、死んだ筈のあいつは、まだ14歳だった。

Omote Ura

>>チケット予約フォーム
※こちらからご予約いただくと横尾扱いのチケットになります。どうぞよろしくお願いいたします。

>>Oi-SCALE 公式サイト
>>CoRich『リクレイムド ランド』公演情報

きらびやかに発展を遂げる未来の姿に想いを巡らし「夢の島」と名付けられた埋立地で、
その無惨な事件は起きた。
14年の月日を超えて、
誰もが真実から目を反らし続け、しかし、誰もが忘れられなかった。
取り返しのつかない事を、限りなく取り返す為に・・・

【チケット】(日時指定・全席自由)
前売3700円/当日3800円 ★平日マチネ割引 前売3200円

【タイムテーブル】
10月23日(金)14:30★/19:30
10月24日(土)14:30/19:00
10月25日(日)13:30
10月26日(月)14:30

※受付開始は開演45分前、開場は開演30分前。
★の回 平日マチネ割引

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みずうみ

今日の私に心は在るのか?
それを点検する毎日だった。

『リクレイムド ランド』は薄い氷を渡るような作品で、
嘘と希望と現実と絶望と未来と、注意深くひろい続けるしか生きる術がなくて。

慎重さと衝動と、バランスの取り方が難しかった。
クールに考えることと、揺れる心を持ち続けること。

たくさん食べること、たくさん眠ること。
容れ物として、きれいに空っぽになって朝を迎えること。

それがいちばん大切なんじゃないかと。

不安定なものを表現するために、
素の人間としての私を安定させることの大切さ。

穏やかな、初日の朝を迎えられたことに、感謝。

おかげさまで、本日の初日は満席とのこと。
皆さまと また 劇場で Oi-SCALEとともに お会いできることに、感謝。
心から お待ちしております。

----------------

Oi-SCALE 『リクレイムド ランド』
作・演出:林灰二

2015/10/21(水)~2015/10/26(月)
at 下北沢駅前劇場

14年後、死んだ筈のあいつは、まだ14歳だった。

Omote Ura

>>チケット予約フォーム
※こちらからご予約いただくと横尾扱いのチケットになります。どうぞよろしくお願いいたします。

>>Oi-SCALE 公式サイト
>>CoRich『リクレイムド ランド』公演情報

きらびやかに発展を遂げる未来の姿に想いを巡らし「夢の島」と名付けられた埋立地で、
その無惨な事件は起きた。
14年の月日を超えて、
誰もが真実から目を反らし続け、しかし、誰もが忘れられなかった。
取り返しのつかない事を、限りなく取り返す為に・・・

【チケット】(日時指定・全席自由)
前売3700円/当日3800円 ★平日マチネ割引 前売3200円

【タイムテーブル】
10月21日(水)     20:00
10月22日(木)     19:30
10月23日(金)14:30★/19:30
10月24日(土)14:30/19:00
10月25日(日)13:30
10月26日(月)14:30

※受付開始は開演45分前、開場は開演30分前。
★の回 平日マチネ割引

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Hello World

「Hello World」
学校でプログラミングを習って はじめてモニタに現れた言葉。
真っ黒な画面に現れる 緑色の文字。

今日、スタジオでの稽古を終えて、明日からは劇場へ。
そして水曜日には初日を迎える。
そう、なんだか Hello World な気分。

この作品を通して、私から伝えたいメッセージなんて何もなくて、
ただ、私の心が揺れたような、そんなことが、伝播すれば嬉しい。

私はもう若くなくて、
世の中には分かりあえないことがたくさんあるってことを知っている。
残念だけど。

自分と同じように感じ、同じように考えるのは、
自分自身しかいなくて。
どんなに近しい家族でも、どんなに愛しい恋人でも、
まるで同じなんてことはないってことを知っている。

だから思う。
ただ、誰かの心を揺らすこと。
それが始まりであり、ゴールだ。

分かちあえなくても、うなづきあえなくても、
あなたの心に、何かが引っかかればいい。
正直なところをいうと、引っ掻き傷を残したい。

私はずっと痛くて、ずっと泣いている。
『リクレイムド ランド』。

----------------

Oi-SCALE 『リクレイムド ランド』
作・演出:林灰二

2015/10/21(水)~2015/10/26(月)
at 下北沢駅前劇場

14年後、死んだ筈のあいつは、まだ14歳だった。

Omote Ura

>>チケット予約フォーム
※こちらからご予約いただくと横尾扱いのチケットになります。どうぞよろしくお願いいたします。

>>Oi-SCALE 公式サイト
>>CoRich『リクレイムド ランド』公演情報

きらびやかに発展を遂げる未来の姿に想いを巡らし「夢の島」と名付けられた埋立地で、
その無惨な事件は起きた。
14年の月日を超えて、
誰もが真実から目を反らし続け、しかし、誰もが忘れられなかった。
取り返しのつかない事を、限りなく取り返す為に・・・

【チケット】(日時指定・全席自由)
前売3700円/当日3800円 ★平日マチネ割引 前売3200円

【タイムテーブル】
10月21日(水)     20:00
10月22日(木)     19:30
10月23日(金)14:30★/19:30
10月24日(土)14:30/19:00
10月25日(日)13:30
10月26日(月)14:30

※受付開始は開演45分前、開場は開演30分前。
★の回 平日マチネ割引

| | コメント (0) | トラックバック (0)

枯れ果てるまで

眠たい。
ものすごく眠たい。
このまま何も考えずに眠りたい。

毎晩そんな気持ちで帰路につきます。
飢えてて、萎れていて、澱んでいる。

これが、せっせと"悲劇"を作っている、今日この頃の私です。

私にもまたいつか こんな食卓を囲む日がくるのだろうか。
愛情は時にありがたく 時に重苦しい。
時に欲し 時に逃げ出す。
失くしては気づき、気づかずに失う。

この物語を形にさえできれば、
もう立つことがなくても悔いはないかもしれない。

本当に、そんな手応えを感じています。

Oi-SCALEというものを、自分がどこまで理解しているのかわかりませんが、
かなりの純度の物語が、今、できつつあると思います。

あなたに、観て欲しい。
あなたにだから、観て欲しい。

そう念じながら、眠ります。

----------------

Oi-SCALE 『リクレイムド ランド』
作・演出:林灰二

2015/10/21(水)~2015/10/26(月)
at 下北沢駅前劇場

14年後、死んだ筈のあいつは、まだ14歳だった。

Omote Ura

>>チケット予約フォーム
※こちらからご予約いただくと横尾扱いのチケットになります。どうぞよろしくお願いいたします。

>>Oi-SCALE 公式サイト
>>CoRich『リクレイムド ランド』公演情報

きらびやかに発展を遂げる未来の姿に想いを巡らし「夢の島」と名付けられた埋立地で、
その無惨な事件は起きた。
14年の月日を超えて、
誰もが真実から目を反らし続け、しかし、誰もが忘れられなかった。
取り返しのつかない事を、限りなく取り返す為に・・・

【チケット】(日時指定・全席自由)
前売3700円/当日3800円 ★平日マチネ割引 前売3200円

【タイムテーブル】
10月21日(水)     20:00
10月22日(木)     19:30
10月23日(金)14:30★/19:30
10月24日(土)14:30/19:00
10月25日(日)13:30
10月26日(月)14:30

※受付開始は開演45分前、開場は開演30分前。
★の回 平日マチネ割引

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぼやけた味

秋晴れというより、夏みたいな週末。
半袖の開襟シャツで 自転車を漕ぐ。

夜になると、裏切られたような気分。
寒い。

手のひらを返したように、にべもなく、
寒い。

『リクレイムド ランド』じわじわと稽古中。
Oi-SCALEに初めて出た時のことを思い出してる。
私ではない、あの、誰か。

何とか 自力で立てている、そんな際まで、
きっと追い詰められる。

どうやら苦しい役が回ってきたのかもしれない。
ならば、嘘でかためた幸せを育てよう。

----------------

Oi-SCALE 『リクレイムド ランド』
作・演出:林灰二

2015/10/21(水)~2015/10/26(月)
at 下北沢駅前劇場

ずっと離れた場所から見たら、全てはたった小さな光の中にあった。

Omote Ura

>>チケット予約フォーム
※こちらからご予約いただくと横尾扱いのチケットになります。どうぞよろしくお願いいたします。

>>Oi-SCALE 公式サイト
>>CoRich『リクレイムド ランド』公演情報

きらびやかに発展を遂げる未来の姿に想いを巡らし「夢の島」と名付けられた埋立地で、
その無惨な事件は起きた。
14年の月日を超えて、
誰もが真実から目を反らし続け、しかし、誰もが忘れられなかった。
取り返しのつかない事を、限りなく取り返す為に・・・

【チケット】(日時指定・全席自由)
前売3700円/当日3800円 ★平日マチネ割引 前売3200円

【タイムテーブル】
10月21日(水)     20:00
10月22日(木)     19:30
10月23日(金)14:30★/19:30
10月24日(土)14:30/19:00
10月25日(日)13:30
10月26日(月)14:30

※受付開始は開演45分前、開場は開演30分前。
★の回 平日マチネ割引

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年12月 »