« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

花見のおともに サクラカレー

毎年通るいつもの緑道。
見知った景色のはずなのに、何度でもおどろけるから不思議。

今年も咲きはじめた!


それもそのはず。
月をまたぐから まだまだ先だと思っていたけれど、
もう、来週から始まります。

サクラをテーマにした短編集、
『オムニバス of OiOi vol.5 サクラ』。

私の出演するBプログラムは4/4から始まります。

Bプログラムの見どころは、何といっても作家陣のバラエティ!
漫画家の羽生生純さんに、かもめんたるの岩崎う大さん、そしてOi-SCALE林灰ニ。

林さんも、毎回オムニバスでは 本公演ではぜったいにできないようなアイデアを持ってくるので、いつものOi-SCALEをイメージしていると裏切られます。

私は かもめんたる 岩崎さん脚本の『サクラカレー』に出演します。

リアルさと理不尽さが渦巻く 独特な世界観。
何なんだこれは!と思っているうちに、ぐぐっと引きこまれます。

う大さんご本人からもたくさんレクチャーを受けました。
ありがとうございます!


ホントに こんな役 そしてコント?なんて
こういうお祭り的なオムニバス企画でないとできないことだと思うので、
ぜひぜひお時間ありましたら、遊びに来ていただけると嬉しいです!

羽生生さんの『きつめ(仮)』もですね、
私はかなり好きです。
切なさと やるせなさと 壮大なアホらしさが炸裂します。
わかるわー!と ぜったいわかんないわー!が共存する物語です。




----------------



Oi-SCALE『オムニバス of OiOi vol.5 サクラ』
企画/総合演出:林灰二



【Bプログラム】
『きつめ(仮)』 脚本:羽生生純
『サクラカレー』 脚本:岩崎う大(かもめんたる)
『君が頷く作文』 脚本:林灰二
※Bプログラムはすべて 演出:林灰二



>>Oi-SCALE 公式サイト
>>CoRich『オムニバス of OiOi vol.5 サクラ』公演情報



Oioi05_omoteOioi05_ura



5回目を迎えるオイスケール短編企画公演『オムニバス of OiOi』。
毎回、演劇界内外から誰にも似ない才能を持った“物語の表現者”達にお集まりいただいています。
今回のテーマは『サクラ』。
それぞれの作家がどんなサクラの景色を皆さまにお届けするのか?!
どうぞお楽しみに。



2015年4月3日(金)~8日(水)
駅前劇場



小田急線/京王井の頭線 下北沢駅 南口改札 目の前
※小田急線をご利用の方へ:地下3階のホームから地上改札口までは3分ほどかかります!



【チケット】(日時指定・全席自由)
前売り3600円、当日3800円
両プログラムセット券4800円(前売り・劇団取扱のみ)
>>チケット予約フォーム
※こちらからご予約いただくと横尾扱いのチケットになります。どうぞよろしくお願いいたします。



【タイムテーブル】※Bプログラムのみ掲載
4月4日(土) 15:30
4月5日(日) 18:30 ★
4月6日(月) 19:30
4月7日(火) 15:30
4月8日(水) 15:30

※受付開始は開演45分前、開場は開演30分前。



★の回終演後に林灰二+ゲストによるトークイベント開催。
詳細は後日WEBにて発表いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひとつ またひとつ

5kmほど漕いで、マフラーをはずしたくなる時、
ああ、季節が変わったんだなと思う。

自転車を停め、ガードレールにもたれて、
ぼんやり花を眺める時間が増えました。
春はいちばん好きな季節です。

Oi-SCALEオムニバスの稽古がすすんでいます。
今回のテーマは「サクラ」。

私は桜が好きで、今まで桜の写真をどれだけ撮ったかわからなくて。
とくに好きなのは朝の桜。
まだ誰もいない目黒川沿いを走り抜ける時のひとり占め感。

去年の桜
おととしの桜

私たちの作っている物語も、咲くまでにもうすこしかかりそう。
脚本は、とても魅力的なものがあがっています!
< イマジネーションの見せどころな、羽生生純さんの壮大な物語。
精密で解像度の高いかもめんたる岩崎う大さんのコント。
遊びと実験にあふれたOi-SCALE林さんの意欲作。

どれもこれからが楽しみなところです。
お花見がてら、ぜひ遊びにおいでくださいませ。
北沢川緑道の桜でお花見もできますので。

----------------

Oi-SCALE『オムニバス of OiOi vol.5 サクラ』
企画/総合演出:林灰二

【Bプログラム】
『きつめ(仮)』 脚本:羽生生純
『サクラカレー』 脚本:岩崎う大(かもめんたる)
『君が頷く作文』 脚本:林灰二
※Bプログラムはすべて 演出:林灰二

>>Oi-SCALE 公式サイト
>>CoRich『オムニバス of OiOi vol.5 サクラ』公演情報

Oioi05_omoteOioi05_ura

5回目を迎えるオイスケール短編企画公演『オムニバス of OiOi』。
毎回、演劇界内外から誰にも似ない才能を持った“物語の表現者”達にお集まりいただいています。
今回のテーマは『サクラ』。
それぞれの作家がどんなサクラの景色を皆さまにお届けするのか?!
どうぞお楽しみに。

2015年4月3日(金)~8日(水)
駅前劇場

小田急線/京王井の頭線 下北沢駅 南口改札 目の前
※小田急線をご利用の方へ:地下3階のホームから地上改札口までは3分ほどかかります!

【チケット】(日時指定・全席自由)
前売り3600円、当日3800円
両プログラムセット券4800円(前売り・劇団取扱のみ)
>>チケット予約フォーム
※こちらからご予約いただくと横尾扱いのチケットになります。どうぞよろしくお願いいたします。

【タイムテーブル】※Bプログラムのみ掲載
4月4日(土) 15:30
4月5日(日) 18:30 ★
4月6日(月) 19:30
4月7日(火) 15:30
4月8日(水) 15:30

※受付開始は開演45分前、開場は開演30分前。

★の回終演後に林灰二+ゲストによるトークイベント開催。
詳細は後日WEBにて発表いたします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ピース

643ノゲッツー『静寂の扉』、無事に終演いたしました。
ご来場くださった皆さま、気にかけてくださった皆さま、
一緒につくった スタッフ・キャストの皆さま
どうもありがとう。

きっとこれはオーソドックスでわかりやすいコメディになるんだろうなと思って。
そういうものって、何を意識して作ればいいのかなと思って。
キャラクターだったり、リアクションだったり、間の埋め方だったり、
お茶の間っぽい作品を地味に研究してみたりしました。

みんな、うまいなぁって思うところはたくさんあって、
だからといって「うまく」やれば人は笑うのかというとそういうことでもなくて。
どうすれば面白いのかよく分からなくて不安になることも多くて。
私にできることは、言われたことを愚直に逃さずやることと、
細かく丁寧に間を埋め続けることしかなくて。

初日があけてわかったのは、
ひがしさんのジャッジはちゃんとお客さんの反応にシンクロしてたこと。
こうしたら面白いよ、だいじょぶ、ってところはホントに笑ってもらえてた。

身についたかどうかまではわからないけれど、
たくさん勉強させていただきました。

楽しかった。
めずらしく、朝までしゃべっているくらいに。

1397837988830.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あの山に咲く花

季節はいつのまにか移っていくんだな。
今日から3月です。春はすぐそこ。

明日で『静寂の扉』がラストです。
長いのか短いのか 不思議な時間だったな。

田舎の小さな村で ずっと一緒に育ってきた友だち。
そんな空気感を意識していたせいで、
短いはずの時間も ながくながく感じていたのかも。

肩のちからを抜いて、心のテンポをあげて、
のこり2ステージ、もっともっとやらねばなと。

お時間ありましたら、ぜひに。



----------------------

下北沢演劇祭参加作品
643ノゲッツー『静寂の扉』

脚本・演出:ひがしじゅんじ

出演:横尾宏美、熊谷祐弥、舟橋杏美、杉浦雄介、山田慎也、新本明恵、藤岡勇

>>643ノゲッツー公式サイト
>>CoRich『静寂の扉』公演情報

過疎化が進んでいると世間は言っているが、
私の村は今も昔も変わらない。
過疎化というより現状維持だ。
若者は、また次々と都会に出ていく。
年の離れた妹も同じだ。
閉塞した村に新しい人などやってこない。
しかも、ここら一帯は自殺の名所といういわくつきらしい。
それでも私は生まれ育ったこの村が好きだ。大好きだ。
妹は1年に1度帰ってくると約束をして出ていった。
約束をしている。
約束をしていた…。
約束をしていたはず…。

2015年2月24日(火)~3月2日(月)
下北沢OFF・OFFシアター

小田急線/京王井の頭線 下北沢駅 南口改札 目の前のビル3F
※小田急線をご利用の方へ:地下3階のホームから地上改札口までは3分ほどかかります!

【チケット】
全席自由
前売り 2600円
当日  3000円

【タイムテーブル】
3月 1日(日)15:00
3月 2日(月)18:30

※受付開始は開演45分前。開場は開演30分前より

>>チケット予約フォーム
※こちらからご予約いただくと横尾扱いのチケットになります。どうぞよろしくお願いいたします。

| | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »