« 秋のテンポ | トップページ | 足音がわかる »

a thinking reed

日ごとに寒くなって 夜は冷え冷えとして 手足はつめたくなっていく。
だからよけいに光への愛着が増してくる。
朝の眩しさも 暮れ時の移ろいも。

Oi-SCALE『フタリニミエタ』の稽古がはじまっています。
日々、絶望のことを考えながら、でもそれは 本当に絶望なのか。
ホントと嘘と偽りと愛と。

問いと答えとどちらがほしいかと言われたら、
私は「問い」がほしいと言うでしょう。
問いがなければ何も生まれてはこないと思っているし、
世の中の多くのことに 単純解などないと思っているから。

人生に勝ち負けをつけるとするのなら、
それは絶対評価なのか、相対評価なのか。

1409205620919.jpg

-----------------

2014/12/10(水) ~ 2014/12/15(月)
Oi-SCALE『フタリニミエタ』
作・演出:林灰二
at 下北沢 駅前劇場

世界に絶望した男が導かれた闇アルバイト。
大金と引き換えに死体を処理する。
理由も過程もなにもわからずに、
命令に従いつづけ罪を重ねる。

やがて男は、死体を処理した数だけ、自分の周りからも人が居なくなる事に気づく。

迷い込んだ不道徳の迷宮に出口はない。

>>チケット予約フォーム

※こちらからご予約いただくと横尾扱いのチケットになります。どうぞよろしくお願いいたします。

■タイムテーブル
12月10日(水)     20:00
12月11日(木)     19:30
12月12日(金)     19:30
12月13日(土)14:00/19:00
12月14日(日)14:00
12月15日(月)15:00
※受付開始は開演45分前、開場は開演30分前。

|

« 秋のテンポ | トップページ | 足音がわかる »

稽古場日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: a thinking reed:

« 秋のテンポ | トップページ | 足音がわかる »