« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

【出演情報】『楽屋』 演出:原田直樹(夏色プリズム)@利賀演劇人コンクール

2014年7月18日(金)〜27日(日)に富山県利賀芸術公園にて行われる「利賀演劇人コンクール2014」に参加できることになりました。

夏色プリズムの原田直樹さんが演出する『楽屋』に出演します。
時代をこえて上演され続けている清水邦夫さんの名作戯曲に挑戦します。

『楽屋』 演出:原田直樹(夏色プリズム)
2014/07/21(月祝) 20:00開演
at 富山県利賀芸術公園 岩舞台

詳しくは「利賀演劇人コンクール」Webサイト

1405596026644.jpg

【追記】
原田直樹グループ(『楽屋-流れ去るものはやがてなつかしき-』)の俳優のアンサンブルに対し、奨励賞をいただきました。
ありがとうございました。

続きを読む "【出演情報】『楽屋』 演出:原田直樹(夏色プリズム)@利賀演劇人コンクール"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の音 しゅわしゅわ

本日も夏日。
そんな日も40kmほど自転車を漕いだりしています。
道中に飲む炭酸水の それはそれは美味しいこと。
今は、ビールより、きりっと冷えた炭酸水のほうが好き。

ビールなら シンハーが好き。
昔、タイの南の島によく出かけていて、
暑さと辛さとシンハービールが大好きでした。
ああ、そんなこと言ってたら旅に出たくなる。

1397837987555.jpg 

この夏は、旅に行く計画があって、
今はそのことであたまがいっぱい。
素敵な旅になるように、たくさんたくさんそなえる。



近ごろ、だいたいしあわせで、あんまり困ったりとかもしてなくて、
波風立つようなこともほとんどなくて、
日々がすぎるのを、ぼんやり眺めるように生きていて。

モノクロームになってしまうには、まだちょっと早いように思うので、
目を見開いて 居ようと思う。

1397837989453.jpg

たくさん たくさん 写真を撮りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほとりより

劇26.25団『とける記憶』無事に終演いたしました。
たくさんのご来場、ありがとうございました。

すばらしいスタッフワークと、魅力的な共演の皆さまに囲まれて、
あっという間のしあわせな時間でした。

打ち上げの席で、鈴木淳さん撮影の舞台写真を見せていただきました。
あの黒く密閉された空間にまたたく照明、いやステキでした。
島貫さんの音響もほんとにおどろくほど繊細で、
シーンごとに細かい環境音が入っているなんて、もう驚き!

淳さんの写真がアップされたら、ぜひご覧くださいませ。
その切り取り方が、また格好いいのです。

印象にのこるシーンばかりで、
たくさん哀しくなったり、たくさん愛しくなったり、
私はとても好きな物語でした。

この作品に参加させてくださって、劇26.25団の皆さまには感謝しております。

1400580546144.jpg

慌ただしくもありがたく、私は次の作品の準備にとりかかっています。
ひとつひとつ大事に、いい時間を過ごしていけるように。

皆さま、どうもありがとうございました。

1400580546813.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

満ちたり欠けたり

月がきれいな晩がつづく。
ひょっとしたら、今までもこれからも ずっとまんまるなのかもしれない。

そんなわけはなく。
まもなく月は欠けてゆくわけで。

劇26.25団『とける記憶』6ステージも終わりました。
連日たくさんのご来場ありがとうございます。

この真っ暗な闇に塗り込められるまで一緒にいたいけれど。

そんなことはなく。
明日はついに千秋楽になるわけで。

私はいつも何かを取り繕いながら生きていて
その気はなくても ついつい嘘を取り混ぜがちで。
真実なんて 知られたくもない って。

そうよ、私も嘘つきよ。
もっともっと色んなものを滲ませながら、
最後の2ステージにのぞみたいと思います。

お時間ありましたら。

1400257994688.jpg

-----------------
2014/05/14(水) ~ 2014/05/18(日)
劇26.25団 第13回公演
『とける記憶』
作・演出:杉田鮎味
at 下北沢 駅前劇場
抜け殻なんて、必要ないの
肥えたカラダに邪魔だもの

茎はおろか、骨の髄まで
しゃぶりつくすわ、大胆に

嘘のカタマリ、築いた氷
水になるまでどのくらい

いつかの記憶、砂嵐みたい
擦り切れるほど書きかえて
とある連続不審死事件をモチーフに、母娘の確執、男と女の悲喜交々を描く、
色気と狂気に満ちたブラックエンターテイメント
>>チケット予約フォーム
※こちらからご予約いただくと横尾扱いのチケットになります。どうぞよろしくお願いいたします。

■タイムテーブル
5月18日(日)13:00/ 18:00
※受付開始は開演60分前、開場は開演30分前。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バラ色の底なし沼に ようこそ

雨が上がると真夏日だなんて言われていたけど
一日劇場にこもっていたからよくわからなかった。

劇26.25団『とける記憶』明日の初日にむけて劇場にて準備中。
セットに照明が映えて、とても素敵。

真っ暗な沼の底には、絢爛豪華な不夜城が沈んでございます。
そんな雰囲気。

この真っ黒な世界に私がいる意味を見つけたい。
私も沼に沈んでいるの。真っ暗な底を見つめているの。
みんな引きずり込まれたの。

勝負には そりゃ勝ちたいと 思うじゃない。

1399994031204.jpg

-----------------
2014/05/14(水) ~ 2014/05/18(日)
劇26.25団 第13回公演
『とける記憶』
作・演出:杉田鮎味
at 下北沢 駅前劇場

抜け殻なんて、必要ないの
肥えたカラダに邪魔だもの

茎はおろか、骨の髄まで
しゃぶりつくすわ、大胆に

嘘のカタマリ、築いた氷
水になるまでどのくらい

いつかの記憶、砂嵐みたい
擦り切れるほど書きかえて

とある連続不審死事件をモチーフに、母娘の確執、男と女の悲喜交々を描く、
色気と狂気に満ちたブラックエンターテイメント

>>チケット予約フォーム

※こちらからご予約いただくと横尾扱いのチケットになります。どうぞよろしくお願いいたします。

■タイムテーブル
5月14日(水)      19:30★
5月15日(木)14:00★/19:30
5月16日(金)      19:30
5月17日(土)14:00/ 19:00
5月18日(日)13:00/ 18:00
※受付開始は開演60分前、開場は開演30分前。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏と記憶

夏のような日差しと冷たい風。どちらつかずの季節。
5月に入って いつのまにか一週間とすこし。
劇26.25団『とける記憶』スタジオ稽古。慌ただしくもしあわせな毎日。

ひとつめの通し稽古を終え、シーンの連続がうねりはじめて。
何がつながり、何を呼ぶのか。連鎖。断続。絡まり。

私は、たぶんもう人生の半分くらいは生きていて、
それなりにたくさんの記憶があるはずなんだけど、
だいじなことを、ちっとも覚えていなくて。

楽しかったことが色褪せてみえるかわりに
苦しかったこともぼやけてみえる。
それは よいことなのか、寂しいことなのか?

たぶんそれなりに生きづらかった振幅が
どんどん減衰してゆき凪いでいく。

1399080277102.jpg

あの町に見える海を、私も想像しています。


-----------------
2014/05/14(水) ~ 2014/05/18(日)
劇26.25団 第13回公演
『とける記憶』
作・演出:杉田鮎味
at 下北沢 駅前劇場

抜け殻なんて、必要ないの
肥えたカラダに邪魔だもの

茎はおろか、骨の髄まで
しゃぶりつくすわ、大胆に

嘘のカタマリ、築いた氷
水になるまでどのくらい

いつかの記憶、砂嵐みたい
擦り切れるほど書きかえて

とある連続不審死事件をモチーフに、母娘の確執、男と女の悲喜交々を描く、
色気と狂気に満ちたブラックエンターテイメント

>>チケット予約フォーム

※こちらからご予約いただくと横尾扱いのチケットになります。どうぞよろしくお願いいたします。

■タイムテーブル
5月14日(水)      19:30★
5月15日(木)14:00★/19:30
5月16日(金)      19:30
5月17日(土)14:00/ 19:00
5月18日(日)13:00/ 18:00
※受付開始は開演60分前、開場は開演30分前。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »