« きみの不在と味の素 | トップページ | 履歴書に 修正液は使うべからず »

忘るべからず

冷えますね。
暖かくなったと思えばまたぐっと冷え込む。

もう何十年も、そんな繰りかえしを過ごしているのに、
今年もまたはじめてのようにふるえる。

そんな思い出はいくつもあるはずなのに。

643ノゲッツー『ろだん』、ついに初日まで一週間を切りました。
ここから先は時間との追いかけっこ。
ひとつでもベターなものを見つけられるように。

毎日、誰かに何かを教えてもらっている。
自分ひとりでは気づいていなかった何か。
狭くなりがちな視野を広げてくれる皆に感謝。

今日も 他人の思い出をねつ造しながら暮らしています。

1394122288066.jpg
本日の杏画伯。

いつも器用に遊んでるなぁ なんて思うけど、
たぶんあの人は そんな気まるでないんだろうな。

-----------------
2014/3/13-18
643ノゲッツー
『ろだん』
脚本・演出:ひがしじゅんじ
at 下北沢OFF・OFFシアター

普通の団地に主婦の瞳。
不満はなくごく普通に生活をしていたが
ある日突然旦那の子供を身ごもったと現れる女性。
肝心な旦那は行方不明!
狂い始めた歯車がどんどん動き出す!
普通の家庭!理想の家庭!理想の人生!
何が正しく何が間違っているのか・・・。
目の前に起こることだけが真実なのか!
7人で送るヒューマンドラマ!

>>チケット予約フォーム
※こちらからご予約いただくと横尾扱いのチケットになります。どうぞよろしくお願いいたします。

■タイムテーブル

3月13日(木)19:30
3月14日(金)19:30
3月15日(土)14:00/18:30
3月16日(日)16:00
3月17日(月)19:30
3月18日(火)18:00

※受付開始は開演45分前、開場は30分前。

こちらで「観たい!」なんてお声をいただけると、とっても嬉しいです 

|

« きみの不在と味の素 | トップページ | 履歴書に 修正液は使うべからず »

稽古場日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 忘るべからず:

« きみの不在と味の素 | トップページ | 履歴書に 修正液は使うべからず »