« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

【出演情報】劇26.25団 第13回公演『とける記憶』

こちらも10周年記念公演!
劇26.25団による、色気と狂気に満ちたブラックエンターテイメント。
なんて楽しみな響き!惚れてます!どうぞお楽しみに。

劇26.25団 第13回公演『とける記憶』
2014/05/14(水) ~ 2014/05/18(日)
at 下北沢 駅前劇場

抜け殻なんて、必要ないの
肥えたカラダに邪魔だもの

茎はおろか、骨の髄まで
しゃぶりつくすわ、大胆に

嘘のカタマリ、築いた氷
水になるまでどのくらい

いつかの記憶、砂嵐みたい
擦り切れるほど書きかえて

Stage42998_1 Stage_reverse42998_1

4/12(土)10時より、チケット予約受付開始!
>>チケット予約フォーム
※こちらからご予約いただくと横尾扱いのチケットになります。どうぞよろしくお願いいたします。

続きを読む "【出演情報】劇26.25団 第13回公演『とける記憶』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルー ブルー

晴れた日がつづくのに、青い空が広がってるのに、
なんだかさびしい。

毎日一緒にいたのに会えなくなることも、
なれっこのはずなんだけど。

杏画伯の落書きとか眺めてみたり。

1395587549689.jpg


一ヶ月、楽しかったな。
そんなことも思いつつ、忘れつつ、
海を見に。

1395585780435.jpg

電車でひたすら本を読むのがいい。
海を ぼんやり眺めているのはいい。

いつか、海のそばに住みたい、ってずっと思っていて、
理想は南の島なんだけど。
常夏がなお良いのだけど。

もうそろそろ、具体的に考えないと、
人生なんて終わっちゃうんじゃないかな、なんてふと思ったり。

青い。


いつまでも、こうして海をみていたいだけなのに。


1395587046138.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スリッパの思い出

一歩も家から出ず。
寒いのか暖かいのかわからず。

『ろだん』 ぶじに全公演終了。
ご来場くださった皆さまありがとうございました。
気にかけてメールくださったりした皆さまも ありがとうございました。

今回は、ワンシチュエーションで、7人という密なキャスト数だったので、
みんなと会話してお芝居することができました。

それぞれ個性的で、この人とはこんなことをすると楽しいな、というのがあって、
どのシーンも楽しかったです。

いつでもいちどきに全員で会話ができるような感じで、
短い稽古期間でしたが、たくさん一緒にいたような気がします。

いつでも誰かが手の届くところにいてくれているような。
…ありがとう。

1395241091536.jpg

セット。
横川さんの日常感あふれるこまやかな貼り紙がとくに好き。

スタッフの皆さまには本当に助けていただいて。

芝居中とにかく電話がよく鳴るのですが、いつもきれいに合わせていただいて。
余田さんのおかげで安心して芝居に集中して取ることができて助かりました。

たったひとりで居なければいけないシーンがあったのですが、
田中さんにきれいな照明をいろいろつけてもらえたので心強く居られました。

あのシーン、たくさん場当たりで繰り返したなぁ…。
音と照明あってのシーンだったものね。

そして、加藤さんの声は、なんであんなに優しいのでしょうか。
何でも言うこと聞きたくなっちゃいます。

楽しく幸せな一カ月を過ごさせていただいて、
スタッフ・キャスト 643ノゲッツー関係者の皆さま どうもありがとうございました。

そんな643ノゲッツーの主宰、ひがしさん。

今回は呼んでいただいて、楽しくお芝居させていただいて、
本当にありがとうございました。
1395241092988.jpg
なぜかいつも三角の光があたっています。
たぶんいい人だからだろうと思います。
劇団員の皆さんが チャーミングな人ばかりなので、
たぶんいい人なんだろうと思います。

実体のよくわからない人ではあります。
ちゃんとした大人だけど、小学生みたいだったりします。
ラジコンがうまいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

舌先三寸

雨の降るまえに。梅を観ました。
静かにそっと咲いている印象なのは、
まだ寒い時期に咲くからなのかな?
冬のしんとした朝。

1394815300442.jpg

643ノゲッツー『ろだん』、あっという間に2ステージが終わりました。
一日1ステージの日が多くて、なんだか気持ちがのんびりしてしまいがち。
居心地の良さにほんわりしすぎず、どこかで追われていたいな とも思ってみたり。
めずらしく、なのか よくわかりませんが、
こわいです。
これが世に言うプレッシャーというものなのでしょうか?
開演するともう最後、幕が降りるまで、舞台に放り込まれたまま。
やりきるまで戻ってこられない。

なかなかに こわいです。

こんなに預けてもらって、返さないわけにはいかないわけで。
ひがしさんはじめ、皆さんほんとうにどうもありがとう。
1394815299752.jpg
初日には、10周年のお祝いをしました。
いい顔で笑ってるんだよなぁ、ホント。
 
ああ。
千秋楽まで
いい顔で笑っていてもらえるように。
毎ステージがんばります。
舌先三寸だなんて思われないよう、必死に。
そんなあたりまえのことくらいしか言えなくて
あたしってしょーもないなぁ。
でも、がんばります、ってもっかい書いておこう。
うん。
明日は2ステージ。
皆さまのご来場をお待ちしております。

-----------------
2014/3/13-18
643ノゲッツー
『ろだん』
脚本・演出:ひがしじゅんじ
at 下北沢OFF・OFFシアター

普通の団地に主婦の瞳。
不満はなくごく普通に生活をしていたが
ある日突然旦那の子供を身ごもったと現れる女性。
肝心な旦那は行方不明!
狂い始めた歯車がどんどん動き出す!
普通の家庭!理想の家庭!理想の人生!
何が正しく何が間違っているのか・・・。
目の前に起こることだけが真実なのか!
7人で送るヒューマンドラマ!

>>チケット予約フォーム
※こちらからご予約いただくと横尾扱いのチケットになります。どうぞよろしくお願いいたします。

■タイムテーブル

3月15日(土)14:00/18:30
3月16日(日)16:00
3月17日(月)19:30
3月18日(火)18:00

※受付開始は開演45分前、開場は30分前。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箱のなかみ

花粉症の薬をもらいに病院に行きました。
あれこれ試すのは好きじゃないので、去年と同じセットを処方してもらいました。

花粉症のなかった頃をふと思い出す。
春の日のお散歩ほど気持ちのよいものはないのに。

昨日から小屋入りしました。
セットが立って、照明や音楽がついて、稽古場とはずいぶん心持ちが変わりました。

SEのあまりのリアルさに、本気でびっくりしてしまった。
想像して作っていた感情が、楽にするっと出てきた。

そうなんです。
セットもリアルだし、明かりも色々作っていただいて、
いろんなものに助けられながら、
私も『ろだん』ワールドをもう一歩面白くする作業をがんばらねば、
とあらためて思いました。

本日は劇場にてひたすら稽古をする予定。
なんて恵まれた環境!

初日は明日です。

1394579609027.jpg

-----------------
2014/3/13-18
643ノゲッツー
『ろだん』
脚本・演出:ひがしじゅんじ
at 下北沢OFF・OFFシアター

普通の団地に主婦の瞳。
不満はなくごく普通に生活をしていたが
ある日突然旦那の子供を身ごもったと現れる女性。
肝心な旦那は行方不明!
狂い始めた歯車がどんどん動き出す!
普通の家庭!理想の家庭!理想の人生!
何が正しく何が間違っているのか・・・。
目の前に起こることだけが真実なのか!
7人で送るヒューマンドラマ!

>>チケット予約フォーム
※こちらからご予約いただくと横尾扱いのチケットになります。どうぞよろしくお願いいたします。

■タイムテーブル

3月13日(木)19:30
3月14日(金)19:30
3月15日(土)14:00/18:30
3月16日(日)16:00
3月17日(月)19:30
3月18日(火)18:00

※受付開始は開演45分前、開場は30分前。

こちらで「観たい!」なんてお声をいただけると、とっても嬉しいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

履歴書に 修正液は使うべからず

花粉 ほんのり。
毎年発症のタイミングが人より遅くて、
今年こそは治った?!とぬか喜び。

治らないものですかね?

そんななか、『ろだん』は最後の詰めの稽古に。

外枠はできあがっているので、
あとは細かく細かく 中を埋めていく作業。

間の取り方やニュアンスで もっともっと見やすく見応えのあるものができるはず。

ひがしさんの 予想をこえるものをね、
出すのは難しいのですがね、
ひとつでも 喜んでもらいたいなと思う毎日。

物語のなかにたくさんの波があって、
コミカルなところもあれば、
怖くもあるところもあれば、
ほろっとするところもある。

その波のエッジを立てつつ、
ナチュラルにつないでいけたらなと。


今回の公演は10周年公演だそうで。
10年間 ひとつの劇団として コンスタントに
作品をつくり続けていけている
その理由みたいなものを 毎日感じています。

つまんないもの出し続けたら、
やっぱり 今はないと思うのです。

今回 記念公演ということで、
過去の作品たちにも もちろん自分の今までにも
挑んでいきたいなと思うわけです。

今回ホントに いい役をいただいて。
友だちだったり 妻だったり 先輩だったり お母さんだったり、この人の 色んな面を出してあげられたらなと思います。

この人の良さを、ひとつでも多く 見つけてあげたいと思います。

まだまだあと数日、ちょっとね、がんばります。

たくさんのご来場 お待ちしております!

1394381905402.jpg


-----------------
2014/3/13-18
643ノゲッツー
『ろだん』
脚本・演出:ひがしじゅんじ
at 下北沢OFF・OFFシアター

普通の団地に主婦の瞳。
不満はなくごく普通に生活をしていたが
ある日突然旦那の子供を身ごもったと現れる女性。
肝心な旦那は行方不明!
狂い始めた歯車がどんどん動き出す!
普通の家庭!理想の家庭!理想の人生!
何が正しく何が間違っているのか・・・。
目の前に起こることだけが真実なのか!
7人で送るヒューマンドラマ!

>>
※こちらからご予約いただくと横尾扱いのチケットになります。どうぞよろしくお願いいたします。

■タイムテーブル
3月13日(木)19:30
3月14日(金)19:30
3月15日(土)14:00/18:30
3月16日(日)16:00
3月17日(月)19:30
3月18日(火)18:00
※受付開始は開演45分前、開場は30分前。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘るべからず

冷えますね。
暖かくなったと思えばまたぐっと冷え込む。

もう何十年も、そんな繰りかえしを過ごしているのに、
今年もまたはじめてのようにふるえる。

そんな思い出はいくつもあるはずなのに。

643ノゲッツー『ろだん』、ついに初日まで一週間を切りました。
ここから先は時間との追いかけっこ。
ひとつでもベターなものを見つけられるように。

毎日、誰かに何かを教えてもらっている。
自分ひとりでは気づいていなかった何か。
狭くなりがちな視野を広げてくれる皆に感謝。

今日も 他人の思い出をねつ造しながら暮らしています。

1394122288066.jpg
本日の杏画伯。

いつも器用に遊んでるなぁ なんて思うけど、
たぶんあの人は そんな気まるでないんだろうな。

-----------------
2014/3/13-18
643ノゲッツー
『ろだん』
脚本・演出:ひがしじゅんじ
at 下北沢OFF・OFFシアター

普通の団地に主婦の瞳。
不満はなくごく普通に生活をしていたが
ある日突然旦那の子供を身ごもったと現れる女性。
肝心な旦那は行方不明!
狂い始めた歯車がどんどん動き出す!
普通の家庭!理想の家庭!理想の人生!
何が正しく何が間違っているのか・・・。
目の前に起こることだけが真実なのか!
7人で送るヒューマンドラマ!

>>チケット予約フォーム
※こちらからご予約いただくと横尾扱いのチケットになります。どうぞよろしくお願いいたします。

■タイムテーブル

3月13日(木)19:30
3月14日(金)19:30
3月15日(土)14:00/18:30
3月16日(日)16:00
3月17日(月)19:30
3月18日(火)18:00

※受付開始は開演45分前、開場は30分前。

こちらで「観たい!」なんてお声をいただけると、とっても嬉しいです 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きみの不在と味の素

雨がつづくので電車に乗っている。

電車に乗ると、この東京にはこれほどたくさんの人が暮らしているのかと、
あらためて驚く。

この群衆のなかのひとりひとりが、私とは違う人生を送っている。

この群衆のなかでは、ふいに隣の人が消えても、誰も気づかないかもしれない。

でもきっと、その人の不在が大きな事件になるような誰かが、
その人のまわりには存在している。

1393627884447.jpg

643ノゲッツー『ろだん』のなかで、私は 代わりのいないひとりの不在を背負いこんでいます。

当たり前のように信じて、ともに毎日を暮らし、何の変哲もない人生と受け入れてきたのに、
どうやらそうではなかったらしい…と。

そんなシリアスタッチの物語を作っているのではありますが、
稽古場でのあたまのなかの半分は、どうやって笑わせていこうか考えている気がします。

ひがしさんの笑いの選球眼はすごい。

こっちの球を投げてくるなら、相手はこっちで……と
ひょいひょいとバランスを直していく様は、さすがの職人芸。

間合いなのか、強弱なのか、テンポなのか、色々と参考にしつつ、
自分ももっと他の球を投げられるんじゃないかと、試行錯誤しています。

ヒューマンドラマではありますが、貪欲に笑わせていきたいと思ってます。

人間なんて、滑稽だもの。

笑われるくらい 必死に生きてみたいものです。

1393723786812.jpg

いよいよ三月。初日が近づいてまいりました。
どうぞたくさんのお越しをお待ちいたしております!

-----------------
2014/3/13-18
643ノゲッツー
『ろだん』
脚本・演出:ひがしじゅんじ
at 下北沢OFF・OFFシアター

普通の団地に主婦の瞳。
不満はなくごく普通に生活をしていたが
ある日突然旦那の子供を身ごもったと現れる女性。
肝心な旦那は行方不明!
狂い始めた歯車がどんどん動き出す!
普通の家庭!理想の家庭!理想の人生!
何が正しく何が間違っているのか・・・。
目の前に起こることだけが真実なのか!
7人で送るヒューマンドラマ!

>>チケット予約フォーム
※こちらからご予約いただくと横尾扱いのチケットになります。どうぞよろしくお願いいたします。

■タイムテーブル

3月13日(木)19:30
3月14日(金)19:30
3月15日(土)14:00/18:30
3月16日(日)16:00
3月17日(月)19:30
3月18日(火)18:00

※受付開始は開演45分前、開場は30分前。

こちらで「観たい!」なんてお声をいただけると、とっても嬉しいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »