« 0.3LUX | トップページ | 街灯 »

三日続けて濡れ鼠。夜に雨が降る。
硝子の破片を踏んでしまって自転車がパンク。

なんとなくぱっとしない近況。
いつまでもすっきり止まない小雨みたい。

『武器と羽』、いよいよ人間関係が明らかになってきました。
ただの「男」「女」だったところに、つながりが見えてきました。
人間同士のつながり、事件とのつながり、あるいは偶然。

あとでわかってくることと、はじめに気づいたことと。
知りすぎないこと、ふまえること。

シーンごとの瞬発力を。とのこと。
印象に残る画をひとつでも多く舞台の上に置いていけるように、
たくさんイメージしていきたいと思います。

いよいよ今月末になりました。
皆さまのお越しをお待ちしております。

1381021190104.jpg

------------------
2013/10/23-28
Oi-SCALE
『武器と羽』
脚本・演出:林灰二
at 下北沢駅前劇場

「僕は嘘をついたのに、何故だかそれが真実へと姿を変える」

県境の河を見下ろす公園で起きた二件のカッターナイフ切り付け通り魔事件。
それぞれの被害者は、克明に犯人像を告げ、間もなく容疑者の男が検挙された。
しかし、事件の解決には至らなかった。
なぜなら、この物語に登場する人物達は全員が嘘をついていたから。

>>チケット予約フォーム
※こちらからご予約いただくと横尾扱いのチケットになります。どうぞよろしくお願いいたします。

■タイムテーブル
10月23日(水)19:30
10月24日(木)19:30
10月25日(金)19:30
10月26日(土)15:00/19:30
10月27日(日)14:00/18:30
10月28日(月)15:00

こちらで「観たい!」なんてお声をいただけると、とっても嬉しいです

|

« 0.3LUX | トップページ | 街灯 »

稽古場日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 0.3LUX | トップページ | 街灯 »