« 初日 | トップページ | 逃げ水 »

撚り

Oi-SCALE『武器と羽』無事に初日の幕をあけました。
ご来場くださいました皆さま ありがとうございました。

初日のステージに立ってなお、気持ちや思考が更新されていく。
林さんの脚本は、本当に不思議です。
ちょっと角度や視点を変えて読むと、また新しいものが見えてくる。
まったく別というのではなく、層の重なりのような、絡まりあうもう一本の糸のような。
そんな感覚をもう何度となく味わっています。

たとえば、お気に入りの映画を繰り返して観る時のような。

丁寧に丁寧に。
まだまだ慎重にだいじに演じていきたいと思います。

台風が近づいてきています。
ぜひ、今夜のうちに、いかがですか?

「武器と羽」この物語が描く真実に
立ち向かうべきか逃げるべきなのか、
どうか見極めて欲しい。

『武器と羽』公式サイトより

見上げれば、私の部屋の 偽物の満月。

1382575644108.jpg

------------------

2013/10/23-28
Oi-SCALE
『武器と羽』
脚本・演出:林灰二
at 下北沢駅前劇場

「僕は嘘をついたのに、何故だかそれが真実へと姿を変える」

県境の河を見下ろす公園で起きた二件のカッターナイフ切り付け通り魔事件。
それぞれの被害者は、克明に犯人像を告げ、間もなく容疑者の男が検挙された。
しかし、事件の解決には至らなかった。
なぜなら、この物語に登場する人物達は全員が嘘をついていたから。

>>チケット予約フォーム
※こちらからご予約いただくと横尾扱いのチケットになります。どうぞよろしくお願いいたします。

■タイムテーブル
10月24日(木)19:30
10月25日(金)19:30
10月26日(土)15:00/19:30
10月27日(日)14:00/18:30
10月28日(月)15:00

こちらで「観たい!」なんてお声をいただけると、とっても嬉しいです

|

« 初日 | トップページ | 逃げ水 »

稽古場日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 撚り:

« 初日 | トップページ | 逃げ水 »