« 撚り | トップページ | withdrawal »

逃げ水

Oi-SCALE『武器と羽』気がつけばのこりわずか3ステージ。

劇場に入ってからも、日々稽古や調整は続く。
もうこれで完成、なんてことはない脚本なんだろう。
毎日、ほんとうに毎日、やってみたいことが増えて更新されていく。
繊細に丁寧に、みんなで積み上げて作っていく架空の島。

昨日から、上演中にモニタを見ていることが増えた。
本当は客席から観たいくらいに思っている。
この作品を観客としてみることができないのが、本当に残念。

でも、登場人物で居られることが、本当に幸せ。

今日も私は信じる。
この物語を、信じる。
それが真実であろうとなかろうと、私は信じる。

下北沢まで、足をお運びいただけると嬉しいです。
本日は14時と18時半の2ステージです。
18時半の回終演後は古山憲太郎(モダンスイマーズ)さんをお招きしてのアフタートークもあります。
林さんの語る作品世界の裏側。
私も楽しみにしています。

飛込みでも大歓迎です。

あと二日しか、観られないので。

1376318428053.jpg

------------------

2013/10/23-28
Oi-SCALE
『武器と羽』
脚本・演出:林灰二
at 下北沢駅前劇場

「僕は嘘をついたのに、何故だかそれが真実へと姿を変える」

県境の河を見下ろす公園で起きた二件のカッターナイフ切り付け通り魔事件。
それぞれの被害者は、克明に犯人像を告げ、間もなく容疑者の男が検挙された。
しかし、事件の解決には至らなかった。
なぜなら、この物語に登場する人物達は全員が嘘をついていたから。

実際に起きた連続通り魔事件をベースに、。
「真実」と「信じる事』の関係についてを描きます。

>>チケット予約フォーム
※こちらからご予約いただくと横尾扱いのチケットになります。どうぞよろしくお願いいたします。

■タイムテーブル
10月27日(日)14:00/18:30
10月28日(月)15:00

|

« 撚り | トップページ | withdrawal »

稽古場日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 逃げ水:

« 撚り | トップページ | withdrawal »