« 朝焼けから闇夜まで | トップページ | 0.3LUX »

向こうの人に見えている月

先週は中秋の名月とやらで、やたらと夜空を見上げていました。
ただ夜空を見上げる時間って そんなにないのかもしれないけれど、
私は自転車という天井も壁もない乗り物に乗っているので、
夜は、月を眺めながら移動しているようなものなので。

1379898574729.jpg

月がのぼりはじめた時刻は、すぐそこにあるような、
道をまちがえるとたどり着いてしまうんじゃないかってほど近くて大きいけど、
夜が深くなると、さびしくなるほど遠くかなた。

1379898575569.jpg

 

Oi-SCALE『武器と羽』、着々と稽古進行中。

「稽古」っていう感覚じゃないな。つまんない言葉で言うと「創作」。
文字で浮かんでくる情景に、生身の人間として、何をつけ加えていけるか、どう立体的にしていけるか。
想像力と それを具体化させる力がほしい。

私にははじめてのつくり方で、まだ手探りでその場にいるけれど、
今、ものすごく楽しい。
自分は何を見ることができるのか、頭のなかの断片を掻き集めながら居るのが楽しい。

ホント、面白いものができると思います。たのしみにしていてくださると、嬉しい。

次の稽古までに、あの本を読みたい、あの映画を観たい、あの景色を歩きたい、というのが日々つづいている幸せ。 
あ、林さんに本をもらい損ねて帰ってきてしまった。

------------------
2013/10/23-28
Oi-SCALE
『武器と羽』
脚本・演出:林灰二
at 下北沢駅前劇場

「僕は嘘をついたのに、何故だかそれが真実へと姿を変える」

県境の河を見下ろす公園で起きた二件のカッターナイフ切り付け通り魔事件。
それぞれの被害者は、克明に犯人像を告げ、間もなく容疑者の男が検挙された。
しかし、事件の解決には至らなかった。
なぜなら、この物語に登場する人物達は全員が嘘をついていたから。

>>チケット予約フォーム
※こちらからご予約いただくと横尾扱いのチケットになります。どうぞよろしくお願いいたします。

■タイムテーブル
10月23日(水)19:30
10月24日(木)19:30
10月25日(金)19:30
10月26日(土)15:00/19:30
10月27日(日)14:00/18:30
10月28日(月)15:00

こちらで「観たい!」なんてお声をいただけると、とっても嬉しいです

|

« 朝焼けから闇夜まで | トップページ | 0.3LUX »

稽古場日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 向こうの人に見えている月:

« 朝焼けから闇夜まで | トップページ | 0.3LUX »