« 芽キャベツとブロッコリー | トップページ | 朝の顔 夜の顔 晴れの顔 曇りの顔 »

外側と内側とこちら側とあちら側

桜が満開ですね。

20年ぶりに観た『遥かな時代の階段を』には、満開の美しい大岡川の桜がたっぷりと登場していました。

1363818841747.jpg

先週は、横浜まで「私立探偵 濱マイク 大回顧展」に行ってきました。
あまりに楽しかったので、サントラをBGMに過ごしています。

まず、ポスターのコピーがたまらない。

「カッコイイって こういうことだろ?」

どうです?
きちっと正座して、はいそうです!と答えたくなります。

1363818837621.jpg1363818826004.jpg

公開当時、すべて劇場で観ているのですが、さすがに20年も経つと細部についての記憶はおぼろげ。

懐かしいような、初めてみるような、そんな気分で一気に三部作すべてスクリーンで観ました。

途中、林海象監督の舞台挨拶も二度聴けました!

1363818840083.jpg1363818823424.jpg

改めて驚いたのが、こんなにも自分の好きなものが詰めこまれているんだということ。
そしてその「好きなもの」は、今でもちっとも変わっていないということ。

この、無国籍でノスタルジックな雰囲気、格好良く仕立てたスーツ、繊細でこだわりの美術、クールなブラスのテーマ曲、そのほか数え上げたらキリがない。

という、言ってみれば外側のことで、当時の私は夢中になっていた。

そして、20年経って変わったこと。
物語にぐっときた。
これはたぶん私の変化。昔の私にはわからなかったことがわかった。
今の私はこれを撮っていた頃の監督と同じような年頃なんだな。

ホント、いい映画でした。

1363818835330.jpg

去年は『夢見るように眠りたい』と『二十世紀少年読本』をスクリーンで観られたし、
今年は濱マイクまでスクリーンで観られたなんて、ああ至福。

そんな流れで、久しぶりに撮影スタッフで現場に入る予定があるのが嬉しくてたまらない。

あたまの中の観たいものを、ひとつでも多く目の前に組み上げていきたい。
楽しみである。

|

« 芽キャベツとブロッコリー | トップページ | 朝の顔 夜の顔 晴れの顔 曇りの顔 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外側と内側とこちら側とあちら側:

« 芽キャベツとブロッコリー | トップページ | 朝の顔 夜の顔 晴れの顔 曇りの顔 »