« 梅より団子 | トップページ | なじんだ景色 »

いわゆる初期衝動ってやつ

はぁー。しあわせです。
しあわせすぎてため息つきそうです。

愛するモノクローム映画
『夢見るように眠りたい』と『二十世紀少年読本』を二本立て(!)で銀幕で観たのであります。

1332596046191.jpg

『美術監督・木村威夫の三回忌を偲び 映画美の極み 木村威夫 ―映画空間を作り続けて60年―』
という新文芸坐で行われた特集上映のプログラムのひとつでした。
貴重なフィルムでの上映、しかも林海象監督と佐野史郎さんのトークショーまで!!!

なんとも夢のような一夜でありました。

木村先生ありがとう……


この二本は私にとって特別な映画です。
映画づくりに関わりたい!と思ったきっかけなのです。

モチーフもストーリーも、何より美術の素晴らしさが、
10代の私にはパーフェクトにはまりました。

憧れのままに映画作りに夢中になっていた青春時代。
美術やタイトルバックをせっせと作っているときが、本当に幸せでした。

まさかこの二本を同時上映で銀幕で観られる日がくるなんて…
今観ても新鮮に感動できました。


あとね。
家の小さなテレビと銀幕はぜんぜんちがうんだな、ってあらためて思った。

DVDでしか観たことがない大好きな映画、
スクリーンでかかる時には、もっと足を運ぶことにしよう。

|

« 梅より団子 | トップページ | なじんだ景色 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いわゆる初期衝動ってやつ:

« 梅より団子 | トップページ | なじんだ景色 »