« 振り出しはいちどだけ | トップページ | 初日あけました »

折り目正しく

ああ。

いよいよ最終稽古です。

こんなに緊張する最終稽古ははじめて。

 

「調整」なんて感覚じゃまったくない。

全力でやっても届くかどうかわからない。

 

それは、「できない」とか「間に合ってない」とかそういう話じゃないんです。

まだ、自分がみたことないシーンがみたいんです。

自分自身が驚きたいんです。

驚いたら、次はさらに驚きたいんです。

 

私は、どちらかといえば、「毎回おなじこと」を目指すタイプだと思ってます。

ぶれなくミスなく同じクオリティのものをきっちり几帳面に全ステージ並べることを目標にするタイプ。

それは、チームワークとしても大切なことだと思うし、そのためにきちんと稽古してきたわけだし、間違ったことでもないと思う。

 

でも、今回の『鳥は飛びながら夢をみる』はちょっと違う。

もしかしたら、感触が変わってしまってもいいから、やるたびに何かをこえたものを出したい。

 

私がそんなふうに思うのは、きっとすごくめずらしいことだと思います。

|

« 振り出しはいちどだけ | トップページ | 初日あけました »

稽古場日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 折り目正しく:

« 振り出しはいちどだけ | トップページ | 初日あけました »