« 寒い朝から 寒い夜に | トップページ | 折り目正しく »

振り出しはいちどだけ

『鳥は飛びながら夢をみる』 いよいよ小屋入りがせまってきました。

せまってきちゃってるよ。

 

昨日の通し稽古では、舞台上にいない時間のことを詰めて考えてみました。

リアルタイムの90分、何が起こって何を話して何を感じているのか、
しつこくしつこく記録するように、眺めながら動きながらすごしてみました。

今回の演目は、リアルタイムに進行する90分を切り取ったもの。
時間が、そのまま流れている。

今、私のいる部屋には誰がいる。
今、私のいる部屋から誰が出ていった。

きっとこんな会話をして、きっとこんなことを感じて、
そしてふとひとりになった時に何を考えているか。

そしてまた舞台となる場所に戻ってくる。

 

舞台にいるあいだのことを考えるために、
その隙間を もっともっと丁寧にうめておきたい そう思ったので。

舞台袖で、こうやって拭いて こうやって洗って…
なんて珍妙なひとり小芝居みたいだったかもしれないケド…

 

 

一度振り出したものが、ふたたび振り出しに戻るなんてないと思う。

振り出しに戻っているようにみえても、かならず何か積み重なってる。

 

毎日積み上げて、毎日更新し続けて、とにかく、進んでいくしかないのです。

昨日、稽古帰りに飲んで話しているとき、
なんだかまるで打ち上げみたいに色んなことをふりかえってしまったのですが、
いやいやまだまだこれから。

 

ホント、面白い舞台にしますので、
ぜひぜひ、皆さまのご来場をお待ちしております。

全員一丸となって全力投球っすよ。
1322444160536.jpg
いや、丸って、そういう意味じゃないですよ…
いや、投球って、そういうことじゃないですよ…

※エリカちゃんにもらった雪だるまと私(だるま)。

 

 

 

▶ 『鳥は飛びながら夢をみる』特設サイト
▶ コリッチ 公演情報

チケットはコチラからご予約いただくと、横尾扱いでご用意させていただきます!
どうぞよろしくお願いいたします!

|

« 寒い朝から 寒い夜に | トップページ | 折り目正しく »

稽古場日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 振り出しはいちどだけ:

« 寒い朝から 寒い夜に | トップページ | 折り目正しく »