« インクの小瓶 | トップページ | そういえばそうだった »

みとれるような

本日は『紅き深爪』稽古でした。

まずはペアになってマッサージで身体をほぐして…

だったのですが、いつの間にやらこんなことに…

1304265901706.jpg

詩森さんと佐野さんは、それはもうココ!というポイントに詳しくて、

ふたりからの猛攻を受けた園田さんは汗かきながら畳をタップ!

でも、とっても身体が軽くなったそうです。よかった。


おかげで(?)稽古は順調。 細かく返していきながらどんどんとシーンが進んでいきます。

本日の山場、とっても魅力的なシーンになりそうです!

今日の葛木さんは花柄のフレアスカートを履いていたのですが、

ふわっと動いたその時に、細い葛木さん自体が一輪の花のようにみえてどきっとしました。

本番の衣装がどうなるのかわかりませんが、きっと今日よりもっときれいな姿になるはずです。


ああ、ぜひとも正面席でお見せしたいです…

正面席は完売の回もございます。

気になる方は、ぜひお早めのご予約をおすすめいたします。


物語としては、重たいテーマを持っていますが、

ドラマとして魅力的で面白い作品に仕上がっていくと思います。


■ 風琴工房 『紅き深爪』
2011.5.24~29

チケットのご予約はコチラへ
※上記リンクからご予約いただくと、横尾扱いのチケットとなります。
 どうぞよろしくお願いいたします。

|

« インクの小瓶 | トップページ | そういえばそうだった »

稽古場日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みとれるような:

« インクの小瓶 | トップページ | そういえばそうだった »