« 夜道をあるく | トップページ | チエノワ »

届くといいのに

『紅き深爪』 気がつくと、あと一週間で初日です。

おかげさまで正面席はすべての回 売り切れているそうです。
サイド席も週末はそろそろ、という感じです。

ギャラリールデコ。
濃密で 物語のなかにとりこまれてしまうような空間です。

 

昨日の稽古では、
ラストシーンの輪郭をもっとくっきり共有するため
詩森さんの経験談もまじえた いろいろな話をしました。

紅き深爪には、
私の日常では体験してこなかったようなできごとがたくさん。

児童虐待なんて、新聞記事のなかでしかみたことがないし、
私には縁のないことだって思ってた あるいは 思い込んでいた。

それでも、この物語をつくるために話されるできごとは、
自分のなかにあるいろんな記憶とつながっていく。

忘れていた悲しい感覚が、たくさん戻ってくる。

人の死。

産まれてくること。

 

『紅き深爪』は ちっともハッピーな物語ではないけれど、
それでも、観てほしい と言いたくなります。 思うのです。

なぜだろう。

 

この物語に出てくるのは、姉妹、夫婦、親子、…家族。

みんなが しあわせに なりますように。

と、私は願ってます。

1305607960761.jpg 1305607961671.jpg

■ 風琴工房 『紅き深爪』
2011.5.24~29

|

« 夜道をあるく | トップページ | チエノワ »

稽古場日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 届くといいのに:

« 夜道をあるく | トップページ | チエノワ »